代表理事ご挨拶

代表理事

放射線医療技術・国際連携協会 代表理事
坂野 康昌 博士(放射線学)
順天堂大学 保健医療学部  診療放射線学科 教授

放射線医療技術・国際連携協会(Radiological Technology International Cooperation Academy)(略称RTIC)を2018年8月1日一般社団法人として発足いたしました。

RTICで目指すこと

RTICで目指すことは、「人材育成から人財活用への発展」であります。「実践的な人材育成と育成後に活躍できる場の提供」であります。このため、国内外の放射線・医療・技術に関連する各種団体と連携し、語学・技術・接遇の教育訓練を通じて、国際社会に貢献し続ける法人であります。

組織構成としては、国内部会・海外部会に分かれており、相互に協働する体制づくりも構築されています。ヒト・モノ・体制が整備され、実践的な種々の教育訓練体制を駆使して育成の後に、例えば、海外輸出の専門的新製品の解説や設置・稼働のため海外随行するなど、実践力を発揮できる場の提供を目指し、活動しております。そのため国内外での活動をさらに活性化し、実務上で自在に活用できる語学能力の向上を基礎とした教育訓練を実施いたします。また、病院における外国人患者への対応力の向上や人材育成にも寄与いたします。

また、職域を超えて、看護や理学療法の分野との協働を図ります。例えば、在宅医療等で活用できるエコー(超音波装置)の教育訓練を実施するなど、各種企業との協働により、多面的な教育訓練活動を実施いたします。「ひとの為に尽くす志」を堅持するたくさんの方の参画を得て、着実な社会貢献を果たして参ります。